a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

吉岡里帆「グラビアやりたくない」豊満ボディの苦悩と決断!

   

「あさが来た」では素朴な女の子を演じたかと思えば、「カルテット」で悪女役を演じ、若いながらもその演技力に注目が集まっている吉岡里帆。

現在は「ゼクシィ」や「パワプロ」など人気CMに出演し、バラエティや雑誌のグラビアに引っ張りだこで多忙な日々を過ごしている。

彼女のグラビアを見れば一目瞭然だが、童顔からは想像もできない豊満なボディで男性ファンを魅了している。そんな吉岡里帆だが実は「グラビアをやりたくなかった」という。

そんな苦悩に満ちた人気若手女優の吉岡里帆の今と昔についてご紹介します!

スポンサードリンク

吉岡里帆(よしおかりほ)

出典:http://urx2.nu/CR7p

生年月日:1993年1月15日
出身:京都府京都市右京区
身長:158cm

映画やドラマの撮影が日常的に行われる京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母の影響を受けて、幼少期より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育った。

高校3年生で舞台「銀ちゃんが逝く」を見たことがきっかけで、独学で芝居の勉強を始め、俳優養成所にも通い始めた。書道家を目指して京都の大学に進学するも女優への憧れが強く、友人を介して小劇場の舞台に立つようになった。

京都の大学で演劇をしながら東京のプロダクションに所属するという京都と東京の往復を繰り返す日々を送り、2013年より女優としての活動を本格化している。

吉岡里帆「グラビアやりたくない」

女優業を本格化した2013年には連続テレビ小説「あまちゃん」が放送されましたが、実は吉岡里帆もこのオーディションに挑戦していた。結果は最終審査まで進むも落選という結果に終わっている。

この他には2015年公開の劇場アニメ「バケモノの子」など数々のテレビドラマや映画のオーディションに挑戦し、最終審査まで進むも落選するということが続いたという。

そんな中で、2014年7月には「週刊プレイボーイ」で初めてのグラビアを披露しているのだが、このグラビアに関しては「やりたくない」と号泣するほどの苦悩を抱えていたという。

彼女のグラビアを見ると
関連画像出典:http://urx2.nu/CR7A

童顔な顔立ちからは想像もできない(推定Eカップの)豊満ボディにくぎ付けになってしまうほど男性ファンを魅了しているが、その裏側には吉岡里帆の苦悩があった。

女優を目指して芸能界に入ったのに、グラビアのオファーが来たことにかなりショックを受けたようで号泣したという。本人曰く「グラビアに出るなんて一度も考えたことがなかったから」だという。

芸能界で活躍している多くの女優さんはグラビアを経験して現在の地位を確立していますし、グラビアを経験するのは登竜門のような気もしますが、純粋に「お芝居」で勝負したいと考えていた吉岡さんにとっては、苦渋の選択だったようです。

吉岡里帆、グラビアで知名度アップ

「吉岡里帆 いたちごっこ」の画像検索結果出典:http://urx2.nu/CR7F

嫌々だったグラビアの撮影にのぞんだ吉岡さんですが、結果的にこのグラビアが彼女の知名度をアップさせることになりました。

多くの女優さんがグラビアを通ってきているということもあり、こうしたグラビア経験を経たことで彼女の成長につながったのではないかと考えられます。

初グラビアを披露してからは、チャットモンチー「いたちごっこ」のMVに出演して注目を集め、さらには「マンゴーと赤い車椅子」で映画デビューを果たすなど躍進が始まります。

そして2015年放送の「あさ来た」のヒロインオーディションでは最終選考で落選したものの、制作側が「あの子に何か役をやらせたい」と感じさせるような存在感をアピールし、見事ヒロイン・あさの娘の親友役をつかみ取っている。

泣くほど嫌だったグラビアを経験した吉岡里帆さんは、のちに「新しい発見があり、一歩前身できた」と語っています。

現在ではグラビアの撮影を楽しめるようにまでなったようです。

スポンサードリンク

さいごに

いかがだったでしょうか。
童顔からは想像できない豊満ボディを武器にしてのグラビアかと思いきや初めは泣くほど嫌だったという過去。

そして現在では飛ぶ鳥を落とす勢いで、映画にドラマ・バラエティに引っ張りだこの吉岡里帆さんでした。

ナイスバディもさることながら、その演技力の高さから、今後大物に成長していきそうな人物です。これからの活躍に注目です!

スポンサードリンク

 - 女性芸能人