a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

芳根京子「ギランバレー症候群」という難病で、歩き方がヘンに?

   

関連画像出典:http://ur0.work/DKc1

今や、ドラマに映画、CMと引っ張りだこの大ブレイク女優の芳根京子さんですが、実は過去に難病を患っていたことを告白しています。そしてその後遺症で歩き方がヘンになっているのでは?と心配されいます。

芳根京子さんが患った「ギランバレー症候群」とその後遺症についてご紹介します。今でこそ元気に活躍されている芳根京子さんですが、壮絶な闘病生活をされていたんです。

読み終えたころには、芳根京子さんを応援せずにはいられません!

スポンサードリンク

芳根京子(よしねきょうこ)

「芳根京子」の画像検索結果出典:http://ur0.work/DKby

生年月日:1997年2月28日
出身:東京都
身長:159cm

高校1年生のときに、友人と一緒に「遊助」のライブに行った際に、スカウトされ芸能界に入ることとなった。芸能活動を始めるにあたって都立高校から通信制の高校に転校している。

2013年のフジテレビ「ラストシンデレラ」にて女優デビューを果たし、ドラマで共演した篠原涼子を憧れの人として挙げている。2014年には連続テレビ小説「花子とアン」にて朝ドラデビュー。

2015年はキャストオーディションから1000人以上の参加者の中から選ばれ、「表参道高校合唱部」の香川真琴約でドラマ初主演を務めている。2016年には連続テレビ小説「べっぴんさん」でヒロインとして出演している。

芳根京子が患った難病「ギランバレー症候群」ってどんな病気?

難病の告白

「芳根京子」の画像検索結果出典:http://ur0.work/DKbM

芳根京子さんは自身のブログにて、ファンから「大きな病気になりました。免疫力をあげるために、笑顔が必要です。笑顔の秘訣を教えてください」という質問の回答で難病を患っていたことを告白しました。

「私も中学の頃に難病になった事があります。」と。

このとき病名は語られていませんでしたが、週刊誌のインタビューにて「ギランバレー症候群」に苦しめられていたことを告白し、「中学2年生のときに発症し、1年間くらいは学校に普通に通うのは難しい時期がありました」と語っている。

ギランバレー症候群ってどんな病気?

関連画像

芳根京子さんが中2で発症したという「ギランバレー症候群」とは、どんな病気なのかというと、年齢別にみると若年層と高齢者層で発症のピークがあるものの、人口10万人あたり年間1~2人の発症数であるとされる珍しい病気です。

ギランバレー症候群は厚生労働省が130ある難病(難治性特定疾患)の1つに指定している病気です。

病状は、「突然手足に力が入らなくなる病気」と言われており、ウイルスや細菌による感染が引き金となり、免疫機能の低下により運動障害や感覚障害を起こるとされれています。

発症後1年で筋力が回復された例は約60%であり、10~20%の確率で後遺症を残ってしまうという。

芳根京子の歩き方がヘン?

関連画像出典:http://ur0.work/DKbT

手足に力が入らなくなる難病「ギランバレー症候群」を患った芳根京子さんですが、現在は完治しているといいます。

しかし10%~20%の確率で後遺症が残ってしまうと言われていることから、芳根京子さんの歩き方が少しヘンなのは、病気の後遺症では?と言われているようです。

そもそもの発端は、「べっぴんさん」のプレミアムトークショーにおて、ドラマのオープニングでの芳根京子さんの歩き方の話題になったことでした。

ドラマのオープニングではMr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」に合わせて、芳根京子さんが通常の歩行とスキップの間のような歩き方をしているのが特徴的なのだが、どうやらこれが「歩き方がヘン」と言われる理由だそうだ。

「スキップできないの?」という声もあるが、これに対して芳根京子さんは、「あれは”ルンルンと歩いてください”と言われたので、曲のテンポに合わせて歩いたら、自然と体が上下移動してしまうんです!」とスキップではなく、自然と特徴的な歩き方になったと弁解しています。

どうやらギランバレー症候群の後遺症ではなさそうです。ちなみに病気が完治したあとは「急激に足が早くなったり、持久走で1位になったりしているので、ぜんぜん支障がない」と語っており、病気を経て、むしろたくましくなったようです。

スポンサードリンク

さいごに

いかがだったでしょうか。10万人に1~2人という難病「ギランバレー症候群」を患った芳根京子さんでした。

彼女の演技力の高さが評価されていますが、実はギランバレー症候群は、少数ではあるが最悪の場合、死に至る病気でもあるそうで、その病気を経験したことで、「命の重さを自分で実感した」そうです。

その経験がお芝居に生きているといいます。若くして命の重さを実感したからこそ、より人間味のある素晴らしい演技ができるのでしょうね。これからの活躍から目が離せません!

スポンサードリンク

 - 女性芸能人