a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

女子高生社長・椎木里佳が社長になれた理由は父親にあり!?

      2017/01/01

中学3年生で会社を立ち上げた椎木里佳。

現在は高校生になり「女子高生 社長」としてメディアの露出が増えている。

 

かわいいルックスからはとても社長には見えないが、

そんな彼女が女子高生社長として注目を浴びているのは父親の影響が大きかった!?

 

そんな椎木里佳さんについてご紹介します。

 


スポンサードリンク


 

椎木里佳

rika-siiki

出典:http://urx2.nu/AGGX

生年月日:1997年11月21日

出身:東京都

身長:150.9cm

 

中学3年生の2013年2月14日に、「かわいいを社会に発信」をテーマにしたメディア事業や女子中高生をターゲットにた商品やブランドのプロデュース事業を行う株式会社AMFを設立し、CEOに就任。

 

「週刊SPA!」では「日本一カワイイ女子高生起業家」として紹介され、アメリカの投資家からも「シリコンバレーから見てもとても可能性のある魅力的な起業家」として容姿や事業内容ともに注目を集めている。

 


スポンサードリンク


 

中学3年生だった椎木里佳が起業した理由

 

起業するきっかけになったのは、中学1年生のときだという椎木里佳さん。

その当時「映画監督になりたい」という夢があり、それをお父様に伝えたところ

 

「僕だったら起業する」という返答されたという。

 

当時「起業」の意味を知らなかった椎木さん、調べても難しい言葉ばかりで理解できず、

そのまま放り投げてしまったといいます。

 

しかし中学三年生になり、なにもしていない自分に焦りを感じて、

クリスマスの日に「私、起業します!」と行政書士の元へ行ったそうです。

 

お父さんの「僕だったら起業する」という一言が、起業の直接のきっかけになったと

本人はおっしゃっていますが、脈絡もなく「起業します」というのもなんとも違和感。

 

ちなみに立ち上げた会社について、

「日本の若者にやる気がない、夢がない」と言われている現状を変えたい。との思いからだそうです。

 

その若者としてターゲットになっているのが、10代。

自身も10代ですから同世代を奮い立たせようという目的があるのでしょうね。

 

「AMF」という社名は、

「感謝・謙虚・全力」という椎木家の家訓から来ているそうです。

・感謝(Appreciation)

・謙虚(Modesty)

・全力(Full-power)

のそれぞれの頭文字を取って「AMF」なんだとか!

 

 

椎木里佳が社長になれたのは父親の影響!?

 

さて、椎木里佳さんが、起業のきっかけになった父からの一言「僕だったら起業する」ですが、

なぜそんな一言がお父様の口から出てきたのでしょうか。

 

調べてみると、椎木さんのお父さん、椎木隆太も社長をやっていらっしゃるんですね!

もともと大手メーカーで働いていたお父さんですが、2001年に「有限会社パサニア」を設立し、その後2003年に「DLE」という社目に変更されています。

 

ちなみに社名には「Dream Link Entertainment」の頭文字をとっています。

直訳すると「夢をつなぐエンターテイメント」という意味です。

おもに映像コンテンツの制作やビジネスプロデュースを行っている会社です。

 

一番有名なところでいくと

「秘密結社鷹の爪」が知名度のある作品なのではないでしょうか。

 

 

そんな起業家である父から育った娘となれば、起業するのにも納得ですね。

 

”お父さんから教わった教訓”について、里佳さんは

「全力でやらない奴に未来はない」ということを挙げています。

 

現役女子高生でありながら、社長として全力でやっていらっしゃるんでしょうね!

 

 

さいごに

 

中学3年生で起業し、女子高生・社長として活躍する椎木里佳さん。

 

起業してから「いろんなことが経験できるし素晴らしい方たちと知り合える」反面、

「何度も裏切られるからあまり人を信用できなくなる」という悪い面も経験しているとか。

 

これから大学生、そして社会人(すでに社会人かもしれませんが)となっていく

彼女の今後の活躍が楽しみですね。彼女しかり会社もどのように成長していくのでしょうか!

目が離せません!

 


スポンサードリンク


 - 女性芸能人