a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

TOKIOのラブカ捕獲はヤラセ?生きる化石は乱獲されていた?

      2017/05/14

TOKIOの城島茂と山口達也が、自身らの番組「鉄腕DASH」にて超貴重な生物で「幻」とも呼ばれる古代サメであるラブカを捕獲したことが明らかになりました。

このラブカの捕獲について「学会で発表するレベル」とまで言われている珍しいようで、番組プロデューサーは「城島さんと山口さんの強運があれば、今後のロケで『ツチノコ』や『徳川埋蔵金』も発見できる気がします!と息を巻いている。

ところが、このラブカ捕獲についてはヤラセではないかという話もあるようです。そんなTOKIO城島さんと山口さんのラブカ捕獲についてご紹介します。

スポンサードリンク

そもそもラブカってどんな生き物?

「ラブカ」の画像検索結果出典:http://urx.blue/Dsk5

カグラザメ目ラブカ科に属するサメの一種で、その外見からウナギザメとも呼ばれることがある。

主に大西洋・太平洋の大陸斜面、水深500~1000mの改定で生活しており、日本では駿河湾、相模湾などで上がってくる。

原始的なサメの特徴がみられることから生きる化石とも呼ばれ、4億年前から姿を変えずに現存している最古の魚類である。ちなみに4億年前というのは恐竜やシーラカンスよりも古い。

そして身近なところでは、ラブカのグロテスクな見た目は、大ヒット映画「シン・ゴジラ」の第2形態のモデルにもなったほどである。

「シンゴジラ 第二形態」の画像検索結果出典:http://ur0.work/DsP1

これはなかなか恐怖ですね。このラブカ捕獲に、シン・ゴジラがフィクションじゃなくなったと言っても過言ではありません。

TOKIOのラブカ捕獲

「鉄腕DASH」の画像検索結果出典:http://urx.blue/Dsko

2017年5月14日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」にてラブカ捕獲の映像が放送されますが、ロケが行われたのは4月の上旬。

深海に仕掛けた刺し網を漁船の上で引き上げていくとグロテスクな姿が水面から姿を見せ、城島さんが「なんだこれは!」と驚きの声をあげ、山口さんが「うわぁ!気持ち悪い!」と絶叫した。

同船していたDASH海岸の監修である木村尚氏が、ラブカ捕獲に「ちょっと!これはすごいですよ!学者も驚くやつだ!」と声をあげた。

TOKIOのラブカ捕獲がヤラセ?

「フリー素材 深海」の画像検索結果

2004年にアメリカの無人探査船がラブカが生きて泳ぐ姿を撮影した際には世界中のサメ学者が驚嘆する大ニュースにもなったほどだが、今回はラブカを捕獲までしたので、前回以上に話題になりそうだが、実はヤラセじゃないか説も浮上している。

なんでも「そこそこの頻度で捕れるから、知り合いが捕ったラブカをTOKIOが捕ったことにしようってヤラセも十分にありえる」と語る人物があられたのである。

調べてみると、日本では報告されているだけでも数十回もラブカの捕獲が確認されている。2016年には沼津港深海水族にて10月、11月、12月と立て続けに捕獲されているのである。

ただし、捕獲後はすぐに死んでしまうことから、長くても飼育期間は一週間程度しかないという。

たしかに捕獲が珍しい生物ではあるが、沼津港の件を考えると大騒ぎするほどでもないのかもしれない。ヤラセかどうかについて、捕獲後の生存期間が短いことから、知り合いが捕らえてTOKIOが捕獲したことにするというのは考えにくい。

ラブカの捕獲は地震の前兆!?悪魔の使者?

「シン・ゴジラ 第二形態」の画像検索結果出典:http://urx.blue/DskL

捕獲が珍しいとされているラブカですが、過去にラブカを捕獲した際には大きな地震が起きているという。

●2008年1月18日:小田原付近の定置網で捕獲
→2008年2月27日:父島近海M6.6

●2008年7月9日:神奈川県真鶴町で捕獲
→2008年7月21日:福島県南投沖M6.1

●2012年5月19日:静岡県沼津市で捕獲
→2012年6月6日:千葉県東方沖M6.3

●2013年1月10日:静岡県沼津市で捕獲
→2013年4月13日:淡路島M6.3

●2013年9月22日:駿河湾の底引き網で捕獲
→2013年10月26日:福島県沖M7.1

こうしてみるとラブカの捕獲は地震の予兆なのではないかと言われるのも納得です。もしかしたらラブカは悪魔の使者なのかもしれません。

ちなみにM6.0以上の地震は過去91年間(1926年~2016年)の平均で18.5回/年である。

1年間に平均18.5回もM6.0以上の地震が起きているということは、月に1回以上は起きる計算になるため、ラブカの捕獲が珍しいとは言え、地震の発生率からみると、ラブカの捕獲は地震の前兆ということでもなさそうである。

スポンサードリンク

さいごに

いかがだったでしょうか。
TOKIOのラブカ捕獲についてでした!

珍しい生き物を捕まえるのが今回で2度目となったTOKIOの城島さんと山口さんは何かしら運を持っているのかもしれませんね!

今後ホントに徳川埋蔵金やツチノコなどを発見してもらいたいですね!笑

スポンサードリンク

 - その他