a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

木原直哉は東大卒のポーカープレーヤー!その私生活が質素?年収は?

   

 

東京大学を卒業し、現在は世界のカジノでポーカープレーヤーとして生計を立てている木原直哉さんをご存知ですか?

 

ギャンブラーとして生計を立てるなんてどうゆうこと?なんて思うかもしれませんが、プロ・ポーカープレーヤーはアメリカの子供たちが憧れる職業でもあるほど大きく稼ぐことができるのです!

 

そんなプロ・ポーカープレーヤーとして数々の大会で優勝してきた木原直哉さんですが、実はその私生活がかなり質素だそうです。その年収はどれくらいなのでしょうか!


スポンサードリンク


 

木原直哉

出典:http://ur0.biz/BN2F

生年月日:1981年7月23日

出身:北海道名寄市

職業:プロ・ポーカープレーヤー

 

北海道旭川東高校を卒業後、東京大学へ進学。大学在学中は将棋部に所属しながら、バックギャモンと呼ばれるボードゲームのプレーヤーとしても活動していた。

 

元々大学に入学した当初は、「ノーベル賞」を受賞できる人間になりたいと考えていたが、ポーカーと出会い、カジノで稼いだお金を大学の学費に当てていたという。休学期間も含めると10年かけて東大を卒業したという。

 

2012年には、日本人で初めてポーカーの大会で優勝した人物である。ポーカーは頭脳スポーツとも言われており、将来的にオリンピックの競技になる可能性もあると言われるほどのスポーツ性の高いものでもある。

 

 

木原直哉とポーカー

「木原直哉」の画像検索結果

出典:http://ur0.biz/BN2A

現在は、一年の半分以上をカジノで過ごすという木原直哉さん。大学生時に将棋や麻雀にはまって大学に行かなくなり、ついには休学するまでに至ったという。

 

その休学期間でポーカーを覚えて、カジノで稼いで、その稼ぎを学費に当て、復学したという。木原さんは休学3年、留年3回の計10年をかけて東京大学を卒業したそうです。

 

今までに1億円以上ポーカーで獲得している。年によって収支が変わり、赤字で終えるときもあるようで、その次の年は税金が厳しいそうだ。

 

そして普通のカジノでやれば、ほとんど勝てると語るほどの実力を持つ木原さんだが、あまり普通のカジノではプレーしないようにしているそうだ。

 

なんでも普通のカジノでは、基本的に相手が弱いから勝てるそうで、もし、大会などに出ず、普通のカジノでプレーすれば数千万円は勝てるそうだ。

 

しかしそうしないのは、「自分の腕が落ちる」からだそうだ。本当にお金がなくなったときは、そういった場でプレーするが、続けると腕が落ちるからあまりプレーしたくないんだとか。

 

弱い相手とプレーすると腕が鈍るって本当にスポーツみたいな世界ですね。

 

そんな努力を重ねているためか、2012年のカジノ世界大会で優勝できたんですね。なんでもその大会の賞金は4000万円だったそうです。夢がありますね。


スポンサードリンク


 

木原直哉の私生活が質素?

「木原直哉」の画像検索結果

出典:http://ur0.biz/BN2N

プロ・ポーカープレーヤーとして1年の半分以上を海外で過ごす木原さんですが、実は奥さんがいて、日本に家を借りているそうです。

 

しかしその私生活がかなり質素なんです。

自宅はいたって普通のマンションで、部屋には特に高級品などは買っていないのです。日本の自宅に帰ったときは3万円のエアロバイクで運動しているんだそうですよ!

 

賞金で4000万円とかもらえるなら、豪遊してしまいそうですが、実はポーカーの大会は参加費がかなり高いそうです。

 

世界で一番大きな大会の参加費はなんと1億2000万円もするほどだとか。つまり賞金を獲得しても、次の大会などの参加費に当てていることから、あまり豪遊をしようとは考えていないようですね。

 

なんとも好感が持てるお金持ちです。

そんな木原さんと結婚した奥さんも当初は友達から「騙されているんじゃないか」と言われていたそうだが、今では信じきっているそうです。「借金なんかする人ではない」ということで、そういった奥様の支えもあるから木原さんが世界で活躍できるんですね!素晴らしい!

 

木原直哉の年収は?

 

木原さんはの稼ぎ口は主に2つあるそうで、

一つはカジノの大会での賞金。もう一つはスポンサーからの収入です。

 

ポーカーは頭脳スポーツと呼ばれるだけあって、プロ・ポーカープレーヤーには企業がスポンサーとしてつくことがあるそうです。

 

そして木原さんには、ポーカースターズというオンラインポーカーサイトがスポンサーとしてついており、テレビなどが入るカジノの大会では、そのスポンサーのマークがついた服を着ていくことで広告塔としての役割を果たしているそうです。

 

参加費がかなり高額で、交通費、宿泊費も自腹ということなので、正確な年収は算出できませんでしたが、2015年、2016年はトータル獲得賞金が1億円を超えているということです。これは年収というよりは年商1億といったところでしょうか。

 

いずれにしてもかなりの金額を動かしているのは間違いないですね。


スポンサードリンク


 

さいごに

 

いかがだったでしょうか。

プロ・ポーカープレーヤーとして活躍している木原直哉さんでした。

 

日本でもカジノ合法化の動きが見られますし、

もしかしたら日本で木原さん活躍する姿が見れるときがくるかもしれません。

今後の活躍が楽しみな人物の一人ですね!

 

 


スポンサードリンク


 - その他