a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

カズレーザーの名言が心に響く!高学歴でサイコパス?ある事件の首謀者?

      2017/03/21

テレビで見ない日はないというほど大ブレイクしているメイプル超合金のカズレーザーさん。高学歴で非常に頭が良く、クイズ番組でも活躍していますよね。

しかしその裏では「サイコパス」だという噂があったり、「ある事件」を引き起こした首謀者であるとされているのです。いったいどうゆうことなのでしょうか。

そんなミステリアスな雰囲気を醸し出す、人気お笑い芸人のカズレーザーさんについてご紹介します。そして今までに彼が発した、ココロに刺さる名言を集めて見ました。

スポンサードリンク


カズレーザー

出典:http://ur2.link/Co8o

生年月日:1984年7月4日
出身:埼玉県加須市
身長:180cm

大学生時代に喜劇研究会に所属しており、当時は東口宜隆(さらば青春の光)とコンビを組んで活動していた。学内の漫才大会では常に1位だったか、2003年に出場したM1グランプリでは1回戦で敗退している。

大学卒業とともにコンビは解消し、大手銀行に内定をもらっていたが、「働きたくない」という理由で、内定を辞退して芸人となった。芸人を選んだ理由は消去法で芸術家などが候補にあがっていたとう。

デビューしてからはピン芸人として活動していたが、6年間は全く目が出なかったために、マネージャーから「このままスベリ続けて死ぬか、コンビを組むのかどっちなんだ」と言われることもあったという。

高学歴カズレーザーはサイコパスだった?

関連画像

カズレーザーさんは、関西私立大学のトップと言われる同志社大学を卒業され、某クイズ番組では常にトップクラスの成績を残すなど高学歴ということは広く知られていますが、実はサイコパスだという噂があるようです。

そもそも「サイコパス」とは極端な冷酷さや無慈悲、エゴイズムといったネガティブな意味を持っており、IQの高い人間が多いとされています。

しかし、テレビで見るカズレーザーさんに「サイコパス」の要素は見受けられません。いったいなぜ彼がそのように言われているのでしょうか。

どうやら、芸人さんからは、スベッても動じない鋼のようなメンタルを持っていることから「あいつはサイコパスだ」なんて言われているようです。そして高学歴ということで、普通の人では考えつかないことや言動をとることから、よりいっそう「なにを考えているのかわからない人」という印象を与えているようです。これが彼がサイコパスだと言われる理由ではないでしょうか。

いつも笑顔でいるイメージのあるカズレーザーさんですが、そのミステリアスさからそんな風に思う人もいるんですね!笑。たぶんサイコパスではなく、普通の人よりメンタルが強いということでしょう。

カズレーザーにまつわる「ある事件」について

関連画像

高学歴でサイコパスなんて言われているカズレーザーさんですが、「ある事件」を引き起こした首謀者であるなんてことも言われているようです。

その事件とは、「バンダイ事件」と言われています。

このエピソードはテレビで何度か放送されているので、ご存知の方も多いかと思いますが、カズレーザーさんといえば、赤い服を着ている姿が印象的ですよね。

実は芸人だからあんな恰好をしているわけではなく、純粋に赤い服が好きだそうです。私服がOKだった高校に通っていたカズレーザーさんは、当時から赤い服を着ていたそうです。そして大学でも常に赤い服で登校していたそうです。

そして就職活動に時期を迎えた彼は、大手玩具メーカーのバンダイの就職説明会が「服装は自由」と言われたことを信じて、説明会に赤い服に金髪というとてもフリーダムな恰好で訪れたそうです。

結果的に落とされてしまうのですが、この会場に来ていた他の就活生が2chに「バンダイの説明会にシャアがいた」と書き込んだことから、「事件」とされているようです笑

この「バンダイ事件」はツイッターで4コマ漫画にもされています。

みんなスーツで黒髪にしているなか、一人だけ赤い服に金髪なんて目立たない方がおかしいですよね!やはり普通の人とは少し感覚が違う、強靭なメンタルを持っていることは間違いなさそうです。「サイコパス」の噂もだてじゃないですね笑

スポンサードリンク


心に響くカズレーザーの名言

「フリー素材 感動」の画像検索結果

さて、ミステリアスな雰囲気で独特な感性を持っているカズレーザーさんですが、テレビで語る彼の言葉が非常にココロに刺さると話題になっています。

年間200冊も本を読むというカズレーザーさん。言葉の選び方などもやはり人とは違った感覚を持っているように感じます。そんなカズさんの名言をご紹介します。

とある番組で、「女子力の磨き方がわからない」というお悩みを受けたカズレーザーさん。この質問に対して「愚問も甚だしい」と一蹴した。

「料理ができる子ってのは“料理ができる子”、取り分けができるこは“気が利く子”ってそもそもカテゴライズされてる。女子力が高い女性なんていない。女子力なんて嘘の概念」

カズさん、かっこよすぎます。さらに「“女子力”というあやふやな概念にとらわれず、個性を磨いて芯のある人間になって欲しい」とコメントしています。なんでしょう。悟りでも開いていらっしゃるのかな?

そのほかにもたくさんあります。

「売れて最終的にはヒーローになるか文化人になるか決めてるんで、俺の中でゴールは芸人じゃない」

「人類たまにはスベリますから、気にしてもしょうがない」

「プライドは無い。人類の後輩でいたい」

「言葉づかいはお金のかからないオシャレ」

「人間は、理由を見つけては自分は不幸だと思おうとしてしまうもの。幸せの前提があるから、不幸を見つけられる。不幸から目を背ければ幸せしかない。」

「売れる媚びはいっぱい売った方がいい。媚びって常に需要があるから」

などなど、やはり独特な感性を持っているのだなと感じる言葉ばかりですし、妙に納得させられてしまうのは、カズレーザーさんに高学歴というバッグボーンがあるからでしょうか。

さいごにこちらの名言をどうぞ

「芸人一人の言葉が名言みたいになる今の風潮おかしいッスよね」

スポンサードリンク


さいごに

いかがだったでしょうか。
高学歴でサイコパス疑惑のあるカズレーザーさんでした!

現在テレビに引っ張りダコで見ない日はないという印象で、自分のことを「一発屋」だなんて言ったりしていますが、頭の回転の速さや、おもしろさから、今後も長らく活躍していくのではないかなと思わせる人物ですよね。

今後のさらなる活躍に期待です!そしてお悩み相談の番組なんか持ってほしいですね!すごく需要があるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク


 - 男性芸能人