a.k.a 芸能

気になる芸能ニュースを配信いたします!

*

伊藤美誠、父親や母親が頭おかしい?異常すぎるスパルタ教育とは?

   

リオデジャネイロ五輪では卓球女子の団体銅メダルに大きく貢献した伊藤美誠さん。世界ランク2位相手に堂々の勝利をつかむなど、その強さに注目が集まっています。

「希代の天才」とまで称されるその才能の裏には、両親の異常とも言えるスパルタ教育があった?父と母の頭のおかしい言動とは?

そんな伊藤美誠さんについてご紹介します。

スポンサードリンク


伊藤美誠

「伊藤美誠」の画像検索結果出典:http://urx.red/Cd9c
生年月日:2000年10月21日
出身:静岡県磐田市
身長:150cm
体重:45kg

2歳から卓球をはじめ、4歳の時には全日本卓球選手権バンビの部(小2以下)に出場している。2008年にはバンビの部、2010年にはカブの部(小4以下)で優勝するなど、幼くして才能を開花させている。

10歳2か月という若さで全日本卓球選手権で初勝利をおさめ、それまで福原愛が保持していた史上最年少記録を塗り替え、同年に行われたITTFジュニアサーキット・韓国オープンでは10歳10か月でカデットシングルスを初優勝し、同種目の最年少記録を樹立した。

さらに新井卓将とともに、1分間のラリー回数180回というギネス世界記録を樹立するなど、卓球界において「希代の天才」とまで称されている。

伊藤美誠の父親や母親はどんな人?

関連画像

伊藤美誠さんのお父さんは一般企業のサラリーマンをやっていたそうで、元々卓球をしていたこともあり、2歳の時に「卓球をやりたい」と言いだした美誠さんに卓球を教えていたといいます。

しかし当時の家では家が狭く、卓球台を置くスペースがなかったため、2005年に自宅を新築し、新しい生活をスタートさせ、本格的に卓球を教えるようになったといいます。

このとき金融機関から2000万円を借りて、リビングにメーカーから卓球マシンを設置するほど、娘の将来に期待していたようです。

ところがご両親が離婚され、お父さんは家をでることになってしまいました。その後、名古屋にある卓球用品の専門店で働くことになるも、借金や住宅ローンが払えなくなり、自己破産してしまったといいます。

 

 出典:http://urx.red/Cd9k
伊藤美誠さんのお母さん「伊藤美乃り」さんという方で、元卓球選手で全国高等学校総合体育大会で全日本学生卓球選手権大会に出場経験があるほどの実力者だったそうです。

現在は上級紙動員や公認コーチ資格や整体の資格をもっており、美誠さんのサポートに力を入れているようです。

こんな卓球一家と、親の力の入れ方が凄いことから、「希代の天才」と称されるようになったのでしょうか。すごいですね。

スポンサードリンク


伊藤美誠、母の異常なスパルタ教育!?

「伊藤美誠 母 スパルタ」の画像検索結果
出典:http://urx.red/Cd9o

実はお父さんからの指導もさることながら、特に厳しいのは現在も一緒に暮らしているお母さんだと言います。これには業界の人間も驚くほどだといいます。

お母さんは元卓球選手ということもあり、幼稚園の頃から毎日7時間も美誠さんに練習させていたとか。さらにどうしても習得できない技があれば、夜遅くまで練習することなんかもザラにあったそうです。

さらに美誠さんが試合に負けたら、1時間や2時間も説教されることも珍しくないそうです。そして転んで膝を擦りむいても「どうして転んだの。卓球の練習ができなくなるでしょ!」ととことんまで卓球に向かわせていました。

母・美乃りさんは、美誠さんがお腹の中にいるころから「胎教学習」をさせていたようで、妊娠期間中に世界のプレー集を毎日見て「ママだったらこうするけど、あなたはどうするの?」と語りかけていたそうです。

おそるべきスパルタ教育ですね。

 

そして、あの熱血漢の松岡修三さんも驚かせたのが、次のエピソード。

出典:http://urx.red/Cd9J

寝ている美誠さんの睡眠が浅くなったタイミングを見計らって、夜な夜な「中国に勝てるのは美誠しかいない」と耳元でささやき続けていたといいます。

もはや潜在意識にまで卓球を刷り込んでいく母親の指導は、聞く人によっては異常とも言える教育なのではないでしょうか。

しかし、そんなお母さんの教育があってこそ、「希代の天才」伊藤美誠が存在するんですね。いやはやお母さん…怖すぎる!笑

スポンサードリンク


さいごに

いかがだったでしょうか。
数々の大会で最年少記録を樹立し、その実力をメキメキと伸ばし続ける伊藤美誠さんでした。

まだまだ10代ということで、今後の成長と活躍が大いに期待される逸材です!東京オリンピックでは彼女の活躍が見れるのはではないでしょうか!

スポンサードリンク


 - アスリート